企業ナースの求人情報は専門の転職サイトで

看護師の資格を活かせる職場は、病院だけではなく、一般企業で、企業ナースとして活躍することもできます。企業ナースにもいろいろな職種がありますが、例えば、一般企業での医務室に勤務し、従業員の健康管理を担う仕事、保険会社や健康食品などを扱う会社でのコールセンター業務、あるいは、新薬の開発に携わる、治験コーディネーターや臨床開発モニターなどがあります。しかし、企業ナースの求人情報は、あまり一般に出回ることはありません。そもそも、募集枠が少ないうえに、休日や給与面などにおいて好条件であることから、非常に人気があるため、求人を非公開にすることが多いからです。非公開求人の情報は、看護師専門の転職サイトで得ることができます。いかに、効率的にいい情報を得るかでうまく転職ができるかどうかが決まります。複数のサイトに登録しておくと、より早く転職を進めることができます。各サイトの利用、登録は無料なので、まずは、自分に合ったサイトを選びましょう。私のオススメは ⇒ 企業ナース求人は超激レア!誰よりも早く押さえる秘訣はコレ です。

企業看護師とは従業員の心身の健康管理をする役割

企業看護師とは、企業で働く看護師のことで、企業で働く従業員を病気や怪我から守るという役割があります。もともと利益を追い求めた競争のもとで、従業員の福利厚生を犠牲にした労働力の使い捨てを防ぐためにつくられた制度の一環で、健康を守り、経営や職務命令対して独立した判断ができる職能を持っているのです。近年では、景気の悪化や人間関係の変化によるストレスから体調を崩したり、メンタル的な問題を抱える従業員も少なくないため。メンタルケアも大切な業務のひとつとなっています。企業看護師とは、具体的には、一般企業に設置されている医務室や健康管理室に勤務し、生活習慣病の予防や健康診断の記録・管理、従業員からの相談にのる、労災関係の対応など、企業に勤務する従業員のトータル的な健康管理を行います。企業看護師が在籍していることで、企業に勤務する従業員は心身ともに健康でなければ毎日元気に働くことはできません。企業看護師とは、従業員の心身の健康維持のためにサポートしていかなければなりません。

働きやすさから注目をあびている企業看護師なるには

企業の医務室や健康管理室で働く看護師さんを企業看護師と呼びます。企業看護師なるには看護師の資格をいかして企業の従業員の健康管理をする仕事です。企業看護師は人数が少人数なため責任は大きいですが、病院のような忙しさや夜勤などもないので家庭を持っている人にも働きやすい環境であり体力的にも負担が少ないなど人気の高い仕事です。収入は企業での一般社員の扱いになるので企業により異なります。病院で日勤のみで働く看護師と比較すると高収入になる場合が多いです。昇給に関しても実力や貢献度を評価してくれるのでモチベーションも上がります。企業内で働く看護師の仕事は時間的にも体力的にも余裕をもって働く事ができます。病院で激務に追われる日々を過ごしている看護士さんより仕事を楽しみながら働く事が出来る利点があります。企業看護師なるには求人が少なく求人を探す事が難しいと言われていますが、専門の求人転職サイトを利用して探すのが効率的です。企業看護師なるには看護師資格を活かしながら企業で働き、更に産業看護師や認定産業看護師の資格を取得して仕事に活かしている方も多いです。

採血一つとっても企業看護師は気遣いが大切

大企業で頑張る各社員の健康を維持するため、企業看護師という存在があります。医療行為全般に精通しているプロフェッショナル集団であり、その技術力の高さは一般看護師からも一目置かれています。特定の業種でトップに躍り出るために努力を重ねる人々が集まる環境によっては、気遣いが大切になる局面があります。たとえば、採血が大の苦手である社員が多い職場の企業看護師は、それなりの心配りが必要です。過去のトラウマなどによって採血という言葉を聞いただけで卒倒してしまう社員の存在も考慮し、仰向けになった状態で血液を採取できる環境の整備が必要不可欠となります。これも企業看護師が意識する気遣いとしては大切なことで、いかに各社員が採血によって受ける精神的ダメージを最小限に抑えられるかが試されます。また、注射器の刺し方によって痛さが変わりますので、企業看護師は常に最適な血液採取方法を意識しておくべきです。このように小さな心配りの数々が、企業看護師にとっては求められています。

働きやすい環境である企業看護師転職について

看護師は国家資格を有することが条件となるため、有意義な仕事内容でありながら心身ともに過労状態になってしまう人も多いです。給与が高くとも体や心を犠牲にすることは決していいこととは言い切れません。毎日常に患者と向き合うことは心身に大きな影響を与えるため、家庭を持っている人などには難しい環境となってしまうこともあります。そのような人たちに人気があるのが企業看護師への転職です。企業看護師は、基本的には所属企業の就労時間に合わせて働くことができますので、休日を家族と合わせることも容易にできる場合も多いです。転職の際には病院やクリックでの経験が必要になる場合もありますが、過去の業務を生かすことができるという点は大きな糧になります。企業看護師は医務室内に待機することが多いため、一人になれる時間もとれますので、心身を安定させながら職務に従事したい人の転職にも向いています。能力や資格を生かしつつも、家庭を優先することが可能な職場も多いです。

企業看護師が抱くことが想定される悩みについて

様々な勤務先がある看護師ですが、通常の病院やクリニックで働く看護師と企業看護師では、業務内容が大きく異なります。病院などには常にケガや病気の患者が押し寄せますが、企業看護師の場合はそのような状況は少なく、医務室に待機していることが多いです。忙しすぎでそのことを悩む病棟や外来の看護師と比べると、企業看護師が抱くことが想定される悩みは、静かな環境です。静かな医務室で万が一の時に備えることに対して悩みを持つ人は多いです。また精神的に疲れた社員のよりどころとなることもありますので、精神面のケアに関する悩みを持つ人もいます。静かで快適な室温の中で待機することも時には苦痛となり、人と接することの少ない環境に慣れるまでは、忙しい病院の中のほうが安心感をもつことも想定されます。また企業の業務内容によっては、爆発などが想定される現場もありますので、静かな時と緊張感が高まるときとのギャップに悩む人も少なくはないのが現状です。